HOME > 近畿会からのお知らせ > 終了しました 【12/19開催】「コーポレート・ガバナンス」セミナーのご案内

お知らせ

終了しました 【12/19開催】「コーポレート・ガバナンス」セミナーのご案内

2017.11.01

各 位

                            日本公認会計士協会近畿会
                            会 長  髙  田    篤


           コーポレート・ガバナンスセミナーのご案内
 「近時の注目事例に見る日本のコーポレート・ガバナンス~どこを見据えるべきか~」

 拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、
厚く御礼申し上げます。
 さて、日本公認会計士協会近畿会では、公認会計士が、社外取締役・監査役の担い手と
して、さらに社会の信頼に応えていけるように、公認会計士の社外取締役・監査役として
の資質の向上、公認会計士の社外役員就任機会の拡大等に向けた各種の施策を進めており
ます。また、社外役員制度やコーポレート・ガバナンスといったテーマなど、企業の皆様
にとって有益となる情報提供の場としてご活用いただけるような各種のセミナーを展開し
ております。
 今般、コーポレート・ガバナンスについて数多くのご講演をされている、早稲田大学法
学学術院・法学部教授の上村 達男 氏を講師にお招きして、下記のセミナーを開催いた
します。
 つきましては、業務多忙の折、誠に恐縮ではございますが、皆様には是非ご出席を賜り
たくお願い申し上げます。
 なお、ご出席いただく場合は、お手数ですが、裏面の申込方法にてお申込みください。
                                     敬 具
                    記
<日  時>  平成29年12月19日(火) 15:00~17:00
<場  所>  日本公認会計士協会近畿会 研修室
        大阪市中央区久太郎町2-4-11 クラボウアネックスビル2階
<参加費用>  無 料
<講  師>  上村 達男 氏(早稲田大学法学学術院・法学部教授)
<内  容> 
■総論的議論「通念を疑う」
・コーポレート・ガバナンスを巡る議論
・経営目的とは何か、企業価値とは何か
・機関設計、社外取締役は何をするのか
・日本はなぜ会社区分立法を廃棄したのか、資本市場法の要求実現は会社の問題か
■上場会社の各種の事件が提起したこととは?解決は正しかったのか?
 ・事件の処理(例えば、課徴金制度などについて)
 ・委員会設置会社(指名委員会等設置会社)は進んだ制度だったのか?
 ・任意の機関設計がなしうることとは何か
 ・CEOと取締役会の関係とは?
 ・公認会計士の金融商品取引法上の使命とは?監査論と内部統制の関係とは?
■社外取締役の機能をどうみるか
■事件と取締役の責任額を巡って
■最近の不祥事事例
■今後の展望
 ・コーポレート・ガバナンス・コード等、ソフトロー・ブームをどうみるか
 ・進行中の会社法改正作業で議論されていることとは
 ・公開会社法の実現に向けて

<申込方法>  平成29年12月15日(金)までに、参加申込専用Webページに
        アクセス頂き、お申し込みください。

 参加申込webページ https://business.form-mailer.jp/fms/82a934ae77632

    但し、定員になり次第、受付を早期終了させて頂く場合が御座います。

<お問い合わせ>
   日本公認会計士協会近畿会 事務局(担当:山部) TEL:06-6271-0400

主催:日本公認会計士協会近畿会  共催:一般財団法人会計教育研修機構

  • 関西地区三会 研修会情報 掲示板
  • 関西地区三会 厚生行事 掲示板
お問い合わせはこちら ご質問などございましたら
お気軽にお問い合わせください! 近畿会事務局 TEL:06-6271-0400   平日9:00~17:00(土・日曜日、祝日は休み)
ページの先頭へ