HOME > 近畿会からのお知らせ > 【9月18日開催】(一般向け)「社外役員に関する講演と情報交換会」のお知らせ

お知らせ

【9月18日開催】(一般向け)「社外役員に関する講演と情報交換会」のお知らせ

2018.07.30


社外役員に関する講演と情報交換会開催のお知らせ

~会計士出身の社外役員(取締役・監査役)に求められるものは?~

 

 

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、日本公認会計士協会近畿会では、公認会計士が、社外取締役・監査役の担い手として、さらに社会の信頼に応えていけるように、公認会計士の社外取締役・監査役としての資質の向上、公認会計士の社外役員就任機会の拡大等に向けた各種の施策を進めております。

上場企業は、「コーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)」の導入後、経営の透明性や社外役員の多様性の確保など、適切なガバナンスの発揮と企業価値向上に向けて、日々取り組まれ、コードに対応する報告書の開示に試行錯誤されていることと存じます。しかし、新聞などでは、コードの理想とは裏腹に、形式的な制度対応に終始して、コードの趣旨を社内に浸透させる努力や、経営判断の迅速化・経営者に対する監査監督の強化を目指す施策の具体化が十分ではないのでは、と危惧する声を反映した特集が掲載されています。

このような中、社外役員に関する講演で、代表取締役様及び総務・法務担当役員様と社外役員に就任している公認会計士・社外役員への就任を希望する公認会計士との情報交換・相互交流の機会は、ご参加の皆様にとって大変有益な場になると思い、経理・財務及び経営について数多くのご講演をされている公認会計士かつカルビー株式会社 常勤監査役、日本CFO協会主任研究委員の石田 正氏のご講演及び情報交換会を開催することと致しました。石田氏からは、多数の会社の役員(CFO及び監査役)をされたご自身の経験も踏まえて、特に社外取締役の監視機能と監査役の監査機能の境界線が不明確なまま今日を迎えているといえる中で、日本企業のガバナンスと監査機能はどうあるべきか、お飾りの社外取締役であったり、監査役が閑散役と揶揄されたりしないためにも、今回はカルビーのガバナンス機能の現状を題材にして問題提起をし、将来の方向性について、本音でお話いただきます。

つきましては、下記のとおりご案内申し上げます。皆様にはぜひご参加を賜りたく、業務多忙の折、誠に恐縮ではございますが、ご出席、ご高配賜りますよう、お願い申し上げます。

 なお、ご参加いただける場合は、お手数ですが、下記のお申込み先までお申込みください。

                                                              敬具

                             

日時  平成30年9月18日(火) 15:00~17:00

場所  日本公認会計士協会近畿会 研修室

          大阪市中央区久太郎町211 クラボウアネックスビル2階

 地下鉄「堺筋本町」駅 徒歩2分

<参加費用>  無 料

 

<参加資格>  大変申し訳ございませんが、定員の都合により、役員(執行役員含む)相当 

の方に限らせて頂きます。

 

内容> 1部 講演会

テーマ:「会計士出身の社外役員(取締役・監査役)に求められるものは?」

講 師:石田 正 氏 (公認会計士)

カルビー株式会社 常勤監査役 / 日本CFO協会主任研究委員

          2部 情報交換会(名刺交換)

 

申込方法  平成30年9月10日()までに下記URLよりお申し込みください。

       https://business.form-mailer.jp/fms/5b9c879970068

                                                             以上


  • 関西地区三会 研修会情報 掲示板
  • 関西地区三会 厚生行事 掲示板
お問い合わせはこちら ご質問などございましたら
お気軽にお問い合わせください! 近畿会事務局 TEL:06-6271-0400   平日9:00~17:00(土・日曜日、祝日は休み)
ページの先頭へ